中古マンションを購入する際の注意点

中古マンションを購入する際に注意する点を紹介します。
最近は新築だけでなく、中古のマンションを購入してリノベーションを楽しむ、といった人が増えていると思います。その方法は素敵ですし、新築より購入金額を抑えられるメリットがあります。
しかし注意する点が1つ。それは、修繕積立の計画についてです。マンションは定期的に大規模な修繕を行う計画があります。管理組合がしっかりしていれば問題ないでしょうが、中古マンションとなるとよく調べなければなりません。修繕計画がおろそかになっている、住人の高齢化が進み修繕費の積立額が払えず不足している、などといった問題が隠れているかもしれません。このような問題を抱えているマンションも少なからず存在しますので、購入する際は必ず確認する必要があります。
特にリノベーションをするような中古マンションは物件価格が抑えられるので魅力的ではありますが、築年数もそれなりに経過しているので注意が必要です。
知り合いにも、マンションの管理組合で修繕計画には苦労している人がいます。中古マンションを購入したものの、住人の高齢化が進んでおり、修繕してもあと何年住めるか分からないから修繕費を出ししぶるという人が多いそうです。
リノベーションをする前提で中古マンションを購入する人は気を付けて下さい。私はマンションを購入するか迷った結果宇都宮に戸建て住宅を建てることにしました。